案件情報
案件名 【価格変更】【専属ライター4名譲渡可】電子マンガVODサイト
売却希望額 7,900,000円
公開日 2020/06/22
月間経費 14,840円〜39,950円
月間利益 106,126円〜388,903円
PV 84,083PV〜306,486PV
サイト概要

電子書籍マンガ作品を扱うVODアフィリサイトです。

100作近くの作品を扱い、それぞれ各話のネタバレ・あらすじ記事を中心に展開しています。

 

電子出版市場は順調に盛り上がっており、2021年には4000億円を超えると予測されています(2018年が3122億円、前年比12.2%増)。

また電子マンガについても、2018年は前年比29.4%増で数字を伸ばしています。

電子出版売上の8割近くはマンガですし、まだまだ安定して数字を伸ばしていく可能性が高い市場です。

 

そういった環境もありライバルの多いこのサイトですが、超人気作品を多数抱えるマンガ雑誌の作品群の記事を筆頭に、100を超える記事で上位表示・1ページ目表示を達成しています。

 

もちろん偶然でそうなったわけではなく、キチンとした戦略に基づいた結果です。

・最新話のネタバレを知りたい

・最新の単行本をいち早く読みたい

・全巻読みたい

といった様々なニーズに合わせた記事を網羅し、ネタバレ記事で多くのアクセスを集め、それぞれの記事にリンクさせるスタイルをとっています。

 

1記事毎に読みやすさ・リンクへの誘導の丁寧さが作り込まれているので、2019年4月のサイト開設からわずか4ヶ月で30万円を超える売上を叩き出しています。

 

そして、このサイトの良質さを保証する特筆すべき大きな実績として「これまでにGoogle砲を130回も受けた」ということが挙げられます。

Google砲を受けたことにより更にサイトの認知度も上がっていますし、何よりGoogleからの評価も申し分ないということがお分かりいただけるかと思います。

(Google砲とは、文春砲のGoogle版と言われるGoogleアプリを開いた時にトップに出てくる記事のことです。)

 

2019年4月にサイトを開設し、かなりのハイペースでここまでの数字を出すことに成功しています。

そんな環境良し・戦略良し・評価良しと揃ったこのサイトです。

また、2020年5月5日のアップデートの影響は受けておりません。

 

譲渡後の展開ですが、運営者が「まだ網羅できていない」としているのが

・各種マンガ作品について話題作品の記事の追加(過去作品)

・マンガ作品が原作となっているドラマやアニメ記事の追加

・マンガアプリ案件

以上の3点です。

 

まだまだ掘り起こせていない作品・アプリが多いので、記事数を増やせば増やすほど売上増が見込めます。

マンガはとにかく作品数が多いので作業が心配…という方も大丈夫です。

 

なんと、今回はライターさんも合わせての譲渡となります。

既に4名のライターさんが確約済、5名のライターさんが交渉中となっています。

 

譲渡直後から慣れた方々と運営を開始できるだけでなく、更に「サイトの譲渡後にできるだけスムーズに運営を引き継いでいただけるように追加でのライター募集がしやすいよう、私の募集文をそのままお渡しさせていただきます」と仰ってくださっていますので、万全の態勢で運営を引き継げます。

 

加えてTwitterアカウント(フォロワー約150人)、ASPの特別単価も譲渡可能です。

 

譲渡後に売上増をしやすい環境を、ここまで整えてくださる運営者はなかなかいません。

懸念材料はほぼないと言っても過言ではないでしょう。

 

この度は運営者が他事業に専念するため売却を決断されました。

売主様はアフィリエイト運営歴6年、現在、他にもアフィリエイトサイト15サイト運営中となります。

 

上記のようにライターさん・ライター募集文・Twitterアカウント・ASP特別単価に運営マニュアル、無料サポート期間もありますので、安心して運営を引き継いでいただけます。

 

ご興味ありましたらお気軽にお問い合わせください。