案件情報
案件名 【高評価率98%】引当金制度無しのアマゾンアカウント(ラブグッズ・生活雑貨)
売却希望額 2,200,000円
公開日 2020/06/26
月間経費 267,454円〜462,347円
月間利益 12,956円〜136,973円
PV 14,477PV〜19,248PV
サイト概要

■アカウントの特徴

1.リピート購入する消耗品の商材があるため、Amazonアカウント運営初心者にも適しています。
2.集中してリソースを投下していた時期には、年間1,000万円以上の売上を達成した実績のあるアカウントです。
3.仕入れ量・広告運用を見直すことで、短期間での成長が見込めます。
4.引当金制度のない優れたキャッシュフロー

 

■売主様からのコメント

Q.6年間という長期間、ポジティブな評価を獲得し続けることができた秘訣を教えていただけますでしょうか?

「商品の品質はもちろん、発送・梱包等のクオリティにもこだわり、なるべく迅速に顧客へ商品が届くように心がけた点です。
 またどうしても納期遅れが発生してしまう場合は理由をきっちり開示するなど、ていねいに顧客対応を行ってきました。」

 

■担当者コメント

【本アカウントと数字について】

歯磨き粉や入浴剤などのバス用品や、精力剤を含むサプリメント類、ラブグッズ(LGBT向け含む)・ジョークグッズ(年齢確認が必要な商品あり)などを販売するAmazonアカウントです。

ラブグッズは、ニーズが高いのにライバルが少ない、という特徴があります。

一部アパレル製品やファッション雑貨も扱っており、某ディスカウントストアのように、性別問わず幅広い年代層にアプローチできる商品ラインアップが魅力です。

アカウントの評価は運営6年の全期間で200件を超えており、そのうち肯定的なレビューが98%、普通2%、否定的0%(直近1年間は肯定的100%)とかなり高い水準を維持されています。

売主様のコメントの通り、商品クオリティや発送・梱包品質に徹底してこだわり、真摯に顧客対応されてきたことが伺えます。

当然アカウント停止処分などのペナルティーが下されたこともない、非常にクリーンで豊富な実績を持つアカウントです。

近年は売主様のリソース都合によりあまり本アカウントに時間と資金を割けなかった状態が続いておりましたが、過去には年間1,000万円以上の収益を達成したこともあります。

 

また、このアカウントは2014年に開設しておりますので、引当金制度はないため、キャッシュフローが大変優れいています。

2016年8月15日以降に開設されたアカウントは、「引当金」という制度があり、売り上げた後、1〜2ヶ月ほどAmazonに売上金を留保されますが、こちらのアカウントは、売上が2週間ごとに集計され、売上が確定した5~6営業日後に入金となります。

なお、あまりアカウント運営に集中されていない状況ながら、直近の売上金額推移も

2020年3月 373,700円
2020年4月 380,317円
2020年5月 379,699円

と高いレベルで安定しています。

アカウント売却中の2020年6月現在、仕入れを止めており在庫のみでの販売ですが、順調に在庫が減るほど売上が上がっています。

今回は在庫も譲渡対象のため、広告・仕入れ等に再度注力することで、短期間での成長が十分に期待できます。

またFBA倉庫利用アカウントなため、自宅が在庫でいっぱいになってしまうことがなく、個人・法人問わずスムーズに販売を開始できるでしょう。

FBAアカウントであることのメリットは他にもあり、アマゾンプライム会員に表示されることで、より選ばれやすくなるでしょう。

 

【買収後について】

ラブグッズなど年齢確認が必要な商材を含みますがバス・美容用品など生活に関わる商材も多く、特別な商品知識が不要なためAmazonアカウント運営初心者の方にも適しているジャンルだと考えられます。

また、上記の通り在庫も譲渡可能な点、FBA倉庫を利用している点、6年という長期間高い評価を獲得し続けた売主様のマニュアル・サポートがつく点も初心者にとっては有利に働くはず です。

 

また特筆すべきポイントとして、現在は全て国内の卸先からの仕入れとなっています。

コロナウィルスの影響で今後物流にどんな影響が及ぶのかは不透明ですが、有事の際にもしっかりと日本語で情報入手できることは、現在の状況では非常に重要な要素になるかもしれません。

当面は国内の業者とのやり取りで経験を積み、少し時間が経って状況が落ち着いた頃に海外からの仕入れも増やすという流れが適していそうです。

 

加えて、現在世界中で多くの人が自宅で過ごす時間が増えていることが影響してか、避妊具やラブグッズ類の売れ行きが欧米で非常に伸びています。

こちらも動向が読みにくく確定的なことは誰にもわかりませんが、今後日本においても同様の状態になる可能性もあると思われます。

自粛待機要請により消耗品関連のネット通販自体が増加傾向にあることと合わせて、適宜情報を入手して仕入れ量をアレンジしていくといいでしょう。

今回は他事業との兼ね合いにより売却を決断されましたが、6年という長い間大切に運営されたアカウントです。

3ヶ月間の無料サポート期間が付属するので、優れたノウハウを吸収できる点も非常に魅力的だと思います。

コロナの影響でネットショップ売買の需要も高まっております。

ご興味ありましたら、ぜひ一度お問い合わせの上詳細情報をご確認ください。